ここから本文です

集落進入路 通行止め 着陸帯建設 高江、住民足止めも

琉球新報 8月11日(木)5時0分配信

 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で、警察は10日朝、東村高江の集落から県道70号へ出る進入路で一時、車両を通行止めした。午前7時30分ごろから30分程度で終了したが、朝の出勤時間とも重なり、付近住民は「集落の出入り口をふさぐなんて考えられない」など怒りの声を上げた。

 9日も同じ場所と時間帯で、車両の通行止めが行われた。さらに警察は10日午前7時30分ごろから東村高江の新川ダムの進入路で約2時間、車両の通行止めを行い、メインゲートからN1地区に続く県道70号では約3時間、交通規制した。

 N1地区ゲートへの砂利搬入に対し、抗議する市民らが現場に出られないよう警戒したとみられる。だが、畑仕事や保育園に子どもを送ろうとしている人など多くの住民が巻き込まれ5、6台が数十分足止めされる事態が生じた。

 高江区に住む60代の農家の男性は「朝は数分でも惜しい。集落の出入り口をふさぐなんて何を考えているのか」と憤慨した。東村高江に住む村議の伊佐真次さんは「住民の生活に影響を与え、とんでもない。2日連続で抗議しているが続けている。やめてほしい」と話した。

琉球新報社

最終更新:8月11日(木)11時13分

琉球新報