ここから本文です

バッグが届かない…グリジョは自虐的に「ポケクラブGETだぜ!」

ゴルフ情報ALBA.Net 8月11日(木)10時46分配信

<リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子 事前情報◇10日◇オリンピックゴルフコース(7,128ヤード・パー71)>

【関連写真】ツイッターで様子を公開したグリジョ

 「リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子」が開幕前日に迫っているが、60名の各国代表選手達の中にはコース外でも戦いを強いられた選手もいた。

 アルゼンチンのエミリアーノ・グリジョは今季のメジャーでは3度の10位台フィニッシュ(マスターズ17T、全英12T、全米プロ13T)を決めるなど南米が期待するメダリスト候補だが、愛用のクラブがロストバゲッジとなりつい前日まで手元に届かない状態で過ごしていた。

 グリジョがアルゼンチンカラーのヘッドカバーに包まれたクラブをハイテンションでツイッターに投降したのが8月6日のこと。7日のリオ行きの飛行機が遅れるなど、自身の移動も困難の中にあったが五輪を戦うクラブが待てど暮らせど届かない。

 「20回くらい電話したりして探したんだけど…」。8日(月)もクラブがないままに過ごして、9日未明には世界的に流行するポケモンGOになぞらえて「ポケクラブが近くに来てくれたら全部捕まえるよ」と自虐的につぶやいた。クラブは9日の昼前にようやく手元に到着した。

 マッテオ・マナセロらがいるイタリア代表もバッグが届かず、練習ラウンドはメーカーロゴをテープで隠す苦肉の対応。五輪に限らず多くの選手が移動を強いられる「全英オープン」などのメジャーではクラブロストは日常茶飯事だが、常に大荷物を持っての移動を強いられるプロゴルファーはコース外でも苦労が絶えない。ようやく届いた相棒と共に挑む五輪で報われるだろうか。

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月11日(木)10時46分

ゴルフ情報ALBA.Net