ここから本文です

視聴者をだましやがった!「ウォーキング・デッド」新シーズンはちゃんとフィナーレ

シネマトゥデイ 8月11日(木)5時30分配信

 主要キャラクターの生死がわからずに第6シーズンを終え、ファンが大騒ぎしたテレビドラマ「ウォーキング・デッド」の新シーズンは、きちんとした形でフィナーレを迎えるつもりだとクリエイターのロバート・カークマンが語った。

【写真】ダリル&キャロルの仲良しショットにファン騒然

 Entertainment Weekly のインタビューでロバートは、第6シーズンの終わり方に対し、批判的な意見が非常に多かったことに注目したと語っている。「多くの人が、『ああ、視聴者をだましやがった』という意見だったようだ。こっちは楽しませようと思ってやったことなんだけどね。クリエイティブな人間としては、すべての意見を正しいものとして受け入れる必要がある。視聴者の多くがあの終わり方に不満を持ったということは認識しなければならない。だから、第7シーズンの終わり方は変わると思う。僕らはファンと視聴者を大切に思っている。前回のが気に入らなくても、次のは気に入ってもらえると思うよ」とコメントしている。

 「ウォーキング・デッド」の第7シーズンはアメリカを含む世界125以上の国と地域でほぼ同時放送され、日本では10月24日にスタートする。(澤田理沙)

最終更新:8月11日(木)5時30分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。