ここから本文です

劇団EXILE・青柳翔主演映画「たたら侍」がモントリオール映画祭に正式出品

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月11日(木)15時25分配信

劇団EXILE・青柳 翔の主演作、映画「たたら侍」がカナダ・モントリオールで開催される「第40回モントリオール世界映画祭」のメイン・コンペティション部門である「ワールド・コンペティション部門」に正式出品されることが決定した。

【詳細】他の写真はこちら

同映画祭公式上映が初のお披露目になり、青柳のほか、共演のAKIRA(EXILE)、小林直己(EXILE/三代目 J Soul Brothers)が映画祭に参加する予定となっている。

今作はEXILE HIROが映画初プロデュースを手がけ、青柳、小林、AKIRAのほか、津川雅彦、奈良岡朋子、笹野高史、甲本雅裕、宮崎美子ら豪華俳優陣が集結。戦国時代中世の奥出雲の村を舞台に、伝統を継承し守ることを宿命付けられた青柳演じる青年が、葛藤や挫折を通して真の「武士」へと成長していく姿を描いた本格時代劇映画で、原作なしのオリジナルストーリーとなっている。

監督・脚本をつとめた錦織良成は、「日本人が心から誇れるエンタテインメント映画を作り、世界の人をあらためて驚かすことができるのではないか、それが若い世代の皆さんにも新しい感覚で伝わってほしい」と今作への思いを語る。

今回正式出品が決定した「モントリオール世界映画祭」は1977年に設立され今年で40回目を迎える北米最大規模の映画祭。毎年8月に行われ、今年は8月25日~9月5日(現地時間)の期間で開催される。

青柳と錦織監督には2013年に、島根・隠岐に代々伝わる古典相撲を描いた映画「渾身 KON-SHIN」でもタッグを組み、第36回モントリオール世界映画祭のフォーカス・オン・ワールドシネマ長編部門で正式招待された経歴も。主演を務めた青柳は、同映画祭創設者のセルジュ・ロジークから「黒澤映画の三船敏郎のようだ」と評されたこともあり、滝田洋二郎監督作「おくりびと」(2008年)以来の同映画祭のコンペ部門グランプリ獲得という快挙にも、大きな期待が寄せられている。

青柳翔 コメント
モントリオール世界映画祭への正式出品が決まったとお伺いしたときは、HIROさんや錦織監督をはじめ、共演者の方々、スタッフの皆さん、そして島根でご協力いただいた皆さんの想いが詰まった作品なので、喜びと感謝の気持ちでいっぱいでした。
この「たたら侍」は僕なりに考えて、日々、悲しい事件や悲惨な出来事があるなか、自分は何もできないかもしれませんが、この作品を通して少しでも平和な未来がおとずれること、争いがなくなるよう、そんなメッセージが込められている作品だと思うので、たくさんの方に伝わればとてもうれしいです。
また、撮影に入るかなり前から建設されたオープンセットも、スケールの大きさや細部までこだわり抜いたセットになっていますので、ぜひ注目して観ていただきたいです。
モントリオール映画祭は「渾身KON-SHIN」のときに初めて参加させていただきましたが、純粋に映画が好きな方が集まり映画の話で盛り上がるそんなあたたかい映画祭と感じました。また現地の皆さんがとても温かく迎えていただき、感謝したことを覚えています。今年もたくさんの現地の方に映画「たたら侍」を純粋に楽しんでもらえるようお話しできることをとても楽しみにしています。
映画「たたら侍」がこうしてモントリオール映画祭に出品することができたのも、皆様が支えてくれたおかげだと思っております! 来年の公開を楽しみにしていてください!

作品情報
映画「たたら侍」
2017年初夏 新宿バルト9・TOHOシネマズ新宿 ほか全国公開

監督・脚本:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
出演:青柳翔、小林直己、AKIRA
田畑智子、石井杏奈、高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子
品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、菅田俊
音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補
山本圭、笹野高史、奈良岡朋子、津川雅彦
配給:LDH PICTURES
(C)2017「たたら侍」製作委員会

リリース情報
2016.10.26 ON SALE
青柳 翔
SINGLE「タイトル未定」

映画「たたら侍」作品サイト
http://tatara-samurai.jp/

青柳 翔 OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/aoyagi_official

EXILE TRIBE MOBILE
http://m.tribe-m.jp/

最終更新:8月11日(木)15時25分

M-ON!Press(エムオンプレス)