ここから本文です

【柔道男子】ベイカー茉秋が準決勝進出 スキのない動きで頂点見えた

東スポWeb 8月11日(木)0時47分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ10日(日本時間11日)発】柔道男子90キロ級準々決勝で、昨年世界選手権3位のベイカー茉秋(21=東海大)がイディア(フランス)に1分58秒、合わせ技で一本勝ちして準決勝に進出した。

 鮮やかな柔道だった。長身の相手に動じることなく、狙い澄ました小外刈りで「技あり」。そのまま横四方固めでとらえて押さえ込んだ。まったくスキのない動きで、完勝した。

 完全に勢いに乗った21歳。このまま一気の頂点が見えてきた。

最終更新:8月11日(木)0時53分

東スポWeb