ここから本文です

<リオ五輪速報>柔道男子90kgでベイカー茉秋が金メダル

THE PAGE 8月11日(木)5時29分配信

 リオ五輪の男子柔道90kg級の決勝が10日(日本時間11日)、現地のカリオカアリーナで行われ、ベイカー茉秋(21、東海大)がバルラム・リパルテリアニ(ジョージア)を下し金メダルを獲得した。日本柔道界が以前の86kg級も含めて、ずっと勝てなかった“未開の階級”に初の金メダルをもたらした。
 
 上背はリパルテリアニに劣るベイカーだが積極的に攻める。奥襟をとって大内、大外と仕掛けていく。2分過ぎには大内刈りで有効をとった。あせった相手が出てくるが、冷静に対処。残り1分で指導を受けたが耐え続け、優勢勝ちした。

 決勝までオール1本勝ちで進んだ。初戦となる2回戦ではマルク・オーデンタール(ドイツ)を背負い落としで一本勝ち、3回戦はアレクサンダル・クコリ(セルビア)を谷落としから横四方固めの合わせ技で一本。準々決勝では、アレクサンドル・イディア(フランス)を小外刈りから、横四方固めの合わせ技一本勝ちで、準決勝へ。チェン・シュンチャオ(中国)との準決勝は、試合終了直前に指導を受けて、絶対絶命だったが、4分19秒に大内刈りで倒して有効を取ると、そこから袈裟固めに入り1本勝ちで決勝へ進出した。

 ベイカーは、アメリカ人の父親と日本人の母、由果さんとの間に生まれた。柔道を始めた小学校の頃に両親が離婚。母親が苦労しながらベイカーを育てた。体重を増やすなど課題があったが、母の協力もあって強くなれた。ベイカーにとって、その母親に感謝の思いを伝える悲願の金メダルとなった。

試合後、ベイカーはフラッシュインタビューに笑顔で答えた。

「嬉しいです。今日の戦いというか、これが小さい頃からの夢。井上監督(井上康生)が、(シドニー五輪)オリンピックチャンピオンになったのを見て(柔道を)始めたので、それを達成できてよかったです。井上監督からは、一番オーラがあると言われていた。それが結果に出て良かったです。まだ実感がないのですが、すごく嬉しいです。重圧というか、ずっとオリンピックチャンピオンになることだけを夢みて、4年間、柔道に取り組んできたので、やっと夢がかなって良かったです」

 21歳の若者らしい爽やかな笑顔だった。
   

最終更新:8月11日(木)9時6分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]