ここから本文です

台湾証券取引所、API導入から1年 利用好調

中央社フォーカス台湾 8月11日(木)12時1分配信

(台北 11日 中央社)台湾証券取引所が昨年7月にAPIを導入して1年が経った。すでに証券会社14社が同サービスを提供しており、利用状況は好調だとしている。

APIの導入で取引のスピード化が実現した。同サービスを利用した取引額は当初、月6~7億台湾元(約19~23億円)だったが、今年7月には33億6700万元(約109億円)に成長。同取引所の総取引額に占める割合は毎月0.01ポイントずつ増加しているという。

同取引所では、科学技術の進歩で金融商品の電子取引が増えているとし、若者の台湾市場への投資をひきつけられればとしている。

(田裕斌/編集:齊藤啓介)

最終更新:8月11日(木)12時1分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。