ここから本文です

【シンガポール】経済成長の鍵は多様性、経営者アンケート

NNA 8月11日(木)8時30分配信

 ビジネスタイムズが9日発表したアンケート調査によると、シンガポールの経営者らビジネスリーダーの多くが、国全体がより多様性に富み、開かれた社会へと変化していけるかどうかによって、今後の経済成長が左右されると考えていることが分かった。
 調査は、建国51周年を記念して、シンガポールの経営者や起業家ら51人を対象に実施された。
 「2020年以降、シンガポール経済は再び急成長するか」という質問に対し、65.4%が「社会の変革に成功するかによる」と回答。21.2%が「海外の経済情勢による」、7.4%が「急速な経済成長は過去のもの(急成長は望めない)」と回答した。
 「現在の世代は、昔の世代を超える成果が上げられるか」という質問に対しては、半数が可能、半数が不可能と回答した。若い起業家が増えているものの、簡単に経済成長が実現する時代は過去のものとする見方があった。
 社会の多様性については、51.9%が経済成長に欠かせないと回答した。移民の受け入れが、次の50年の成長に必要な人材の確保につながるとし、移民の受け入れによる人口増加なしに、経済成長はないとする見方もある。
 ある経営者は「シンガポールが本当のグローバル都市になるためには、世界に直接的に開かれていることが必要」と話し、さまざまな民族間で調和が取れているとはいえ、多様性が十分ではないと指摘した。
 このほか、今後は婚姻数と出生数の減少が予測され、政府による対策が必要になるなどの意見が出されている。

最終更新:8月11日(木)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。