ここから本文です

台湾証券取引所、人民元によるETF売買を解禁 取引には制限も

中央社フォーカス台湾 8/11(木) 13:09配信

(台北 11日 中央社)台湾で8日、人民元による上場投資信託(ETF)売買が解禁された。台湾元ETFと人民元ETFはそれぞれ個別の銘柄コードを持ち、別々に売買されるほか、1対1の比率で互いに交換が可能。

ただ、台湾証券取引所によると、人民元で決済したETFは信用買い・空売りや貸借取引、デイトレード取引などができないといった制限があるという。

また、台湾では個人で両替できる人民元は1日2万元(約30万円)が上限のため、注文無効などのトラブルを避けるためには、証券会社にあらかじめ必要な額の人民元を預けるなどの対応が必要となる。

(田裕斌/編集:杉野浩司)

最終更新:8/11(木) 13:09

中央社フォーカス台湾