ここから本文です

<クリスウェブ佳子>期間限定スープカフェをプロデュース 塗り絵マット&パンの器で仕掛け

毎日キレイ 8月11日(木)19時11分配信

 女性ファッション誌「VERY(ヴェリィ)」(光文社)の専属モデルのクリスウェブ佳子さんがプロデュースするカフェ「MCC Soup Cafe produced by Yoshiko Kris‐Webb」が東京・表参道に期間限定でオープンする。カフェは12種のスープのほか、塗り絵が楽しめるオリジナルデザインのランチョンマットなど、料理写真をSNSに投稿できるような仕掛けが用意されている。期間は23~29日。

【写真特集】カフェのデザイン、メニューの写真も

 カフェでは、午前11時~午後6時のランチ、デイタイムに、エム・シーシー食品の「北海道産とうもろこしのスープ」「白いミネストローネ」といった「朝のスープシリーズ」9種類の中から、日替わりで3種類を提供し、午後6時からのディナータイムでは「カニのクリームビスク」「トリュフとマッシュルームのスープ」「ロシア風ボルシチ」の3種類が楽しめる。

 ランチ、デイタイムでは、塗り絵ができるランチョンマットと、東京・池尻大橋のベーカリー「TOLO PAN TOKYO」がスープ専用に開発したパンを焼いて作った“器”が付く「MCCスープオリジナルランチセット」を発売。ディナータイムは、全12種をおかわり自由のオーダーバイキング形式で味わえる。

 

 営業時間は、23日が正午~午後4時。24~29日は午前11時~午後11時。

最終更新:8月11日(木)19時14分

毎日キレイ