ここから本文です

原江里菜が1ホールでプロアマを棄権 ホステス大会出場に暗雲

ゴルフ情報ALBA.Net 8月11日(木)12時54分配信

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇11日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,614ヤード ・パー72)>

【関連】原江里菜 特選フォトギャラリー

 ホステス大会出場に暗雲が立ち込めた。「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」開催に先立ち、11日(木)開催されたプロアマを原江里菜が1ホール終了後に体調不良のため棄権した。

 原は1番ホールスタート直後に棄権を申し出ると、そのまま救護室に直行。「(お腹が)痛いです…」の一言を残しクラブハウスを後にした。

 マネージャーによると、原は昨夜急に腹痛に襲われたため病院に。CTスキャンとレントゲンを撮ったところ、医師から腸閉塞の可能性があると診断された。今朝起きてからも痛みは続いたが、「どうしても出たい」という原の強い思いもありコース入り。何とかスタートしたものの、とてもプレーできる状態じゃないと苦渋の決断をくだしたという。

 直行した病院では「腸閉塞ではない」と診断され、点滴を打った後ホテルへ戻り休養。できる限り体調を戻すべく横になっている状態だ。

 明日の出場は今後の状況を見て判断する。「1年で最も大事な大会の1つ」と毎年、気合いが入る大会でのアクシデント。ショックは計り知れない。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月11日(木)12時54分

ゴルフ情報ALBA.Net