ここから本文です

レッドエレノアなど、新馬戦厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 8月11日(木)19時6分配信

 今週、新潟でデビュー予定の注目馬5頭についての管理する各調教師のコメント。

■8月13日(土)

・新潟5R 芝1800m
レッドエレノア(牝2・美浦・木村哲也 父ハーツクライ 母サビアーレ 母父Capote)について、木村調教師。
「先週はフケの影響で動きがピリッとしませんでしたが、今週の動きはとても反応が良かったですね。飼い葉食いも良くて、気性も真面目です。新潟の外回りコースも合っているので、好レースできるでしょう」

オメガジェルベーラ(牡2・美浦・斎藤誠 父ジャングルポケット 母クインリーグレイス 母父スペシャルウィーク)について、斎藤調教師。
「ゲート試験後に1度リフレッシュ放牧に出して、態勢を整えて再入厩しました。ゲートも速い方ですし、仕上がり早なので、ここを目標にしてきました。速い脚はさほどないですが、長く良い脚を使うタイプです。同じ父を持つプランスシャルマン(牡3・スプリングS・GII・4着)とよく似ていますね。地力もありますし、乗り手に従順なので乗りやすく、良い競馬になると思います」

■8月14日(日)

・新潟5R 芝1600m
フローレスマジック(牝2・美浦・木村哲也 父ディープインパクト 母マジックストーム 母父Storm Cat)は、全姉にエリザベス女王杯(GI)に優勝したラキシスのいる血統で、素質も高いと評判だ。木村調教師のコメント。
「気持ちが入りやすい面がありますので、そのあたりを考慮して調整しています。期待が大きい馬ですし、良い結果を出さないといけないという気持ちですね」

・新潟6R ダ1800m
ウォーターメロン(牡2・美浦・新開幸一 父ワークフォース 母ユメノキズナ 母父ストラヴィンスキー)について、新開調教師。
「順調に稽古を積んできました。動きやフットワークを見てもパワータイプで、距離もこのくらいあった方が良さそうです。ゲートも速い方ですし、前向きさもありますので、初戦から力を出せるでしょう」

エピカリス(牡2・美浦・萩原清 父ゴールドアリュール 母スターペスミツコ 母父カーネギー)は半兄にGIIIを2勝(七夕賞、小倉記念)しているメイショウナルトがいる。萩原調教師のコメント。
「厩舎の期待馬でダートが向きそうな走りをしています。仕上がりもまずまず良いので、頑張ってほしいですね」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:8月11日(木)19時18分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]