ここから本文です

上半期の“芸能事件”の末 その3 狩野英孝の“六股”騒動

リアルライブ 8月11日(木)16時14分配信

 ベッキーの不倫、SMAPの分裂・解散騒動、元プロ野球選手・清原和博の薬物事件など次々と衝撃的な事件が起こる中浮上したのが、お笑いタレント・狩野英孝の“六股”騒動だった。

 きっかけとなったのは歌手の川本真琴の1月25日のツイッター。川本は名前こそ明かさなかったものの、「半年前から彼氏がいます」、「私の彼を取らないで」などとつぶやき、その後、一部スポーツ紙で交際相手が狩野と報じられた。

 その直後、別のスポーツ紙がタレントの加藤紗里との交際を報道。加藤は自身のインスタグラムで去年の12月から狩野と交際していることを公表し、川本のことをストーカー呼ばわりしてしまった。

 「板挟みとなった狩野にとっては苦悩の日々。その後、川本の親族まで狩野を“告発”するなど、泥沼のような状況に追い込まれてしまった。さらには、狩野と関係を持った一般人たちがSNSや週刊誌で次々と暴露。最終的には“六股”の交際であることが発覚してしまった」(芸能記者)

 この騒動で一躍名前が売れた加藤。狩野を“踏み台”にして本格的に芸能界進出を果たすかと思いきや、そう甘くはなかった。

 「トーク番組での発言について、川本からツイッターでかみつかれたり、加藤のSNSのみならず、広島にある実家のステーキ屋にまで誹謗中傷が殺到。もともと、キャバ嬢だったが、まったくトークがダメで、トーク番組でも使いものにならず。先日、写真家の加納典明氏が撮影した過激な写真集を発売したが、まったく話題にならなかった。今後、加藤が出るのは『あの人は今』的な企画ぐらいでは」(同)

 結局、騒動はうやむやのうちに収束。狩野はいまだに出演した番組で騒動についてイジられているが、ほとぼりが冷めたところで、以前のように派手な女遊びを再開か?

最終更新:8月11日(木)16時14分

リアルライブ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。