ここから本文です

JR東日本の弁当3種類、台北駅で12日から販売へ 毎日200個限定/台湾

中央社フォーカス台湾 8月11日(木)14時3分配信

(台北 11日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は12日から31日まで、JR東日本グループ監修の駅弁3種類を台北駅で販売する。数量は毎日計200個限定。

販売されるのは、E7系新幹線弁当、日本のおもてなし弁当、深川めし弁当。車体を形どったE7系新幹線弁当は過去にも台湾で販売されており、即完売となるほどの人気を博していた。

価格はいずれも250台湾元(約810円)。

(汪淑芬/編集:名切千絵)

最終更新:8月11日(木)14時3分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。