ここから本文です

JR東日本の弁当3種類、台北駅で12日から販売へ 毎日200個限定/台湾

中央社フォーカス台湾 8/11(木) 14:03配信

(台北 11日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は12日から31日まで、JR東日本グループ監修の駅弁3種類を台北駅で販売する。数量は毎日計200個限定。

販売されるのは、E7系新幹線弁当、日本のおもてなし弁当、深川めし弁当。車体を形どったE7系新幹線弁当は過去にも台湾で販売されており、即完売となるほどの人気を博していた。

価格はいずれも250台湾元(約810円)。

(汪淑芬/編集:名切千絵)

最終更新:8/11(木) 14:03

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。