ここから本文です

【競泳】萩野公介 200M個人メドレー「金」へ好発進

東スポWeb 8月11日(木)3時17分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ10日(日本時間11日)発】競泳男子400メートル個人メドレーで金、800メートルリレーで銅を獲得した萩野公介(21=東洋大)が200メートル個人メドレー予選に出場。1分58秒79の全体6位で準決勝進出を決めて「思った通りのタイム。僕はこれがラストの種目なので、フェルプス、ロクテに勝つためにいい位置で決勝に残りたい」と力強く言い切った。

 五輪史上最多の金メダル21個を誇るマイケル・フェルプス(31=米国)は1分58秒41の全体3位、同じく米国のライアン・ロクテ(32)は1分57秒38でトップ。藤森太将(24=ミキハウス)も1分58秒88の全体7位で予選を突破した。

最終更新:8月11日(木)3時17分

東スポWeb