ここから本文です

【フィリピン】マニラ~カランバ貨物鉄道、18年再開見通し

NNA 8月11日(木)8時30分配信

 フィリピン最大の港であるマニラ港とラグナ州カランバを結ぶ貨物鉄道が、2018年中に再開する見通しだ。貨物鉄道の運行を計画する配電最大手マニラ電力(メラルコ)の完全子会社Mレールによると、年内に政府承認を取り付け、線路を管理するフィリピン国有鉄道(PNR)との契約締結から2年以内の開通を目指す。100億ペソ(約217億円)を投じる計画だ。10日付マニラタイムズが伝えた。
 Mレールのフェルディナンド・イナカイ社長兼最高経営責任者(CEO)は、同事業で提携する港湾運営大手インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(ICTSI)と協議を続けていると説明。首都圏の渋滞解消を政策の一つに掲げるドゥテルテ政権が、トラックの通行量削減につながる同事業を承認することに期待を示した。総投資額のうち27億ペソは機関車8両と貨車120両の調達に充てるという。
 同社長によると、事業について今年1月にPNRの取締役会の承認を得たものの、同月中に予定されていた25年間の線路借用の契約締結は延期。4月末には、一般法人審議局(OGCC)から線路使用の承認を得たが、5月9日の総選挙前で政府による公共工事の施工が禁止される期間だったことや、その後の政権交代で契約の締結が伸びているという。
 事業では、MレールがPNRの線路を借り、ICTSIが運営するマニラ・インターナショナル・コンテナ・ターミナル(MICT)から、同社のグループ会社が保有するラグナ・ゲートウエー・インランド・コンテナ・ターミナル(LGICT)の間で貨物輸送を行う。
 フィリピンでは、ICTSIが1998年から同区間で貨物鉄道を運行していたが、慢性的な赤字が続いたため、2003年にサービスを停止。現在は陸路の貨物輸送にはトラックしか選択肢がない。
 
 ■ルソン島の主要港に貨物鉄道
 
 Mレールは、ルソン島の主要港を結ぶ貨物鉄道を運行する構想を持つ。
 イナカイ社長は、第1期としてマニラ港~カランバを開通した後、第2期でマニラ港~クラーク国際空港、第3期でクラーク国際空港~スービック湾自由港とカランバ~バタンガス港の貨物鉄道の運行に乗り出す考えを示した。ドゥテルテ大統領の地元であるミンダナオ島での鉄道事業にも関心があるという。

最終更新:8月11日(木)8時30分

NNA