ここから本文です

【関屋記念】マジックタイムさらなる飛躍へ 初戦から存在感をアピールだ!

デイリースポーツ 8月11日(木)6時2分配信

 「関屋記念・G3」(14日、新潟)

 2つ目のタイトル奪取へ、マジックタイムが態勢を整えた。10日、美浦Wでの最終リハは先週同様、ツインプラネット(6歳500万下)がパートナー。これを5、6馬身誘導する形から直線は外へ。手綱は最後まで抑えられたまま。相手の動きに合わせるかのように馬体を並べてフィニッシュした。

 5F67秒4-38秒7-12秒6のタイムに、中川師は「全て予定通り。この時季だから、このぐらいでいいんじゃないですかね。時計は問題ないし、動きもこんなもの。いいと思いますよ」と満足そうに振り返った。

 昨秋の戦列復帰後から【1】(2)【1】(2)【1】(6)着。その充実ぶりには目を見張るものがある。前々走のダービー卿CTでは、のちに安田記念を制するロゴタイプを封じて重賞初制覇。前走のヴィクトリアマイルで久々に連対を外したが、勝ち馬から0秒2差なら地力強化を証明するには十分。「2週続けてやっているし、元気いっぱいです。左回りのマイルはベストの条件。楽しみです」とトレーナーは笑みを浮かべる。さらなる飛躍の秋へ、初戦から存在感をアピールだ。

最終更新:8月11日(木)8時30分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ