ここから本文です

篠原信一 vs 永野、勝つのはどっち?「バットマン vs スーパーマン」アピール合戦

映画.com 8月11日(木)13時28分配信

 [映画.com ニュース] DCコミックスの2大ヒーローが激突する「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」ブルーレイ&DVDリリース、デジタル配信を記念し8月10日、都内でPRイベントが行われた。元柔道日本代表でシドニー五輪銀メダリストの篠原信一氏、芸歴21年にして突然のブレイクを果たしたピン芸人の永野が登壇し、それぞれバットマン、スーパーマンの魅力を競い合うアピール合戦を繰り広げた。

五輪メダリスト・篠原信一 vs ピン芸人・永野の対決の模様はこちら!

 永野が「バットマンより普通に、スーパーマンが好っきー!」と得意の歌ネタで先制攻撃を仕掛ければ、篠原氏は「うちの子どもが(永野の)マネするが、嫁が『それ、やっちゃダメ』と叱っている」と反撃。その後も「違う星から来て、自分を犠牲にしながら、地球の人たちを助けてくれる」(永野)、「バットマンは鍛え上げられた人間でしょ。やっぱり努力こそが、最高のヒーローのあかしですよ」(篠原氏)とお互いに一歩も引かず。永野が「問題発言かもしれませんが、バットマン(の行動)は金持ちの道楽ですもんね」と挑発すると、一触即発の空気が漂った。

 それでも、スーパーマンの恋人であるロイス・レインに話題が及ぶと「最強の恋人ですよ」(永野)、「確かにロイス・レインは最強」(篠原氏)とすっかり意気投合し、両者の対決は引き分けに終わった。

 ヘンリー・カビルがスーパーマンを演じた「マン・オブ・スティール」(2013)の続編。ベン・アフレック扮するバットマンが、強大な力を持つがゆえに人類の脅威として恐れられるようになったスーパーマンに戦いを挑む。ジェシー・アイゼンバーグ演じるスーパーマンの宿敵レックス・ルーサー、ガル・ギャドット扮するワンダーウーマンも登場。本作を皮切りに、DCコミックスの悪役が集結する「スーサイド・スクワッド」(9月10日公開)、バットマン、スーパーマンらスーパーヒーローたちがチームを組む「ジャスティス・リーグ」2部作(17年、19年公開予定)へとストーリーが展開していく。

 「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は、ブルーレイ・DVD発売中&デジタル配信中。

最終更新:8月11日(木)13時28分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。