ここから本文です

【台湾】JR東日本、駅弁を台湾で初販売

NNA 8月11日(木)8時30分配信

 東日本鉄道旅客(JR東日本)は日本で人気の駅弁3種類を、台湾交通部(交通省)台湾鉄路管理局(台湾鉄路、台鉄)が台北駅1階に設けている鉄道グッズ販売店「台鉄夢工場」で販売する。期間は12~31日で、台湾での販売は初めて。8月初めに台湾で開かれた駅弁イベントに出品し、好評だったことから販売を決めた。
 販売するのは「E7系新幹線弁当」「日本のおもてなし弁当」「深川めし弁当」。内容は台湾向けに一部アレンジした。価格はいずれも250台湾元(約810円)。日本での価格はそれぞれ1,300円、1,150円、900円となっている。
 このほか8月23日には東北地方の魅力を紹介するイベント「東北感謝祭」を台北駅構内で行い、「あったか牛たん弁当」を限定販売する。
 JR東日本が海外で駅弁を販売するのは、今年3~5月のフランス・リヨン駅に続き2カ国・地域目となる。

最終更新:8月11日(木)8時30分

NNA