ここから本文です

【柔道男子】強い!ベイカー茉秋が一本勝ちで決勝進出

東スポWeb 8月11日(木)4時54分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ10日(日本時間11日)発】金メダルに王手! 柔道男子90キロ級準決勝で、昨年世界選手権3位のベイカー茉秋(21=東海大)が程(中国)に一本勝ちして決勝に進出した。

 相手は初戦でこの階級の第一人者だったイリアディス(ギリシャ)に、わずか43秒で一本勝ちして勢いがある。だが、ベイカーは委細構わず積極的に攻め続けた。大内刈りで相手をぐらつかせると、帯を持って強引な投げにいった。

 先に指導を取られてピンチとなった直後、大内刈りで「有効」。そのままけさ固めで押さえ込み4分40秒、一本勝ちした。これでベイカーは初出場で銀メダル以上を確定させた。

 腰を引いて構え、パワーに頼った柔道には「力の強い外国人には通用しない」という声も多かった。だが、今大会ではパワーだけではなく、緻密な試合運びと技のスピードにも成長が見られる。頂点まであと1つ。ベイカーはまだまだ進化中だ。

最終更新:8月11日(木)4時57分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]