ここから本文です

【NJKF】梅野源治のWBC世界2度目の防衛戦の相手が決まる

イーファイト 8月11日(木)15時39分配信

 9月17日(土)東京・後楽園ホールで開催される『NJKF 2016 6th』のメインイベントでWBCムエタイ世界スーパーフェザー級王座2度目の防衛戦を行う梅野源治(PHOENIX)の対戦相手が発表された。

【フォト】WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーフェザー級王者キース・マクラクラン

 今月7日に開催されたREBELSでヤスユキとの国内頂上対決に臨んだ梅野だが、3Rに偶発性のバッティングを受け試合続行不可と判断され、結果は負傷判定2-0での勝利。鼻からの出血に加え右目もふさがり、9月の防衛戦が懸念された梅野だが、

 試合出場の見通しが立ち、WBCムエタイ同級のインターナショナル王者であるキース・マクラクラン(イギリス)との対戦が決定した。

 キースは1979年5月5日生まれの37歳。これまで38戦26勝12敗という戦績で、WBCムエタイ・インター王座のほかIMF世界王座、ESUヨーロッパ王座、WMC m.a.d王座、さらに2015年のイギリス・ムエタイ最優秀選手賞を獲得している。構えを左右に変えるスイッチファイターで、パンチと蹴り、バランスのよいオールラウンダーだが、首相撲からのヒジとヒザ、相手の蹴りを掴みバランスを崩してからの蹴りといったムエタイテクニックにも通じている。

 ヤスユキとの対戦がここからという段階で終わり本領発揮ならなかった梅野。不完全燃焼の思いをぶつけ、2度目の世界王座防衛はなるか。

<追加対戦カード>

▼WBCムエタイ世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 3分5R
梅野源治(PHOENIX/王者)
vs
キース・マクラクラン(イギリス/WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーフェザー級王者/挑戦者)

最終更新:8月11日(木)15時39分

イーファイト