ここから本文です

<山田菜々>「お尻の間に指が挟まる」大胆“赤面”発言

まんたんウェブ 8月11日(木)18時59分配信

 アイドルグループ「NMB48」の元メンバーで、タレントの山田菜々さんが11日、東京都内で行われたセカンド写真集「nanairo」(ワニブックス)の発売記念イベントに、青い浴衣姿で登場。お気に入りの写真として、白い水着のカットを指しながら「お尻!」と言い、「お尻がぷりっとしていて、自分ではプリンって(笑い)」と笑顔で、「ぷにってしていないと“お尻の間に指が挟まらないと思う”ので」とコメントし、ハッと気づいて「お尻と“太もも”の間に指が挟まるという意味です。お尻の間っていうとおかしなことになっちゃう」と赤面しながら訂正した。

【写真特集】お気に入りの“お尻”の写真! 浴衣姿のうなじ、全身カットも

 さらに、出来上がった写真を見て「黒の水着が似合うようになったり、大人っぽくなったって自分で思いました」と自画自賛。写真集の出来については「99点。(マイナス1点は)自分的に、ブサイクなショットがあるので」と苦笑した。「(水着の撮影は)1年ぶりだったので、おなかをへこませるように腹筋を頑張りました」といい、「毎日、腹筋100回していたら、お尻の皮膚がめくれてしまった」と照れ笑いしていた。

 青い浴衣に、白い帯を付けた山田さんは「今年は花火を3回しました」と明るく笑い、「今年は“きゅん”とするような花火大会に行きたい」と思いをはせた。また、「街中でいきなり(の出会い)はなかなかないと思うので、お祭りで久しぶりの再会みたいな出会いがいい」と妄想をふくらませていた。

 「nanairo」は山田さんのセカンド写真集。B5判、全96ページ。価格は2500円(税抜き)で発売中。

最終更新:8月12日(金)18時6分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。