ここから本文です

ダース・ベイダーも退散?12人のちびっこ騎士がジェダイになるため訓練を開始!

cinemacafe.net 8月11日(木)16時44分配信

人気映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する、ジェダイの騎士になるための訓練を行うジェダイ・アカデミーが、お盆真っ只中の8月11日(木)、二子玉川ライズ ガレリアにて開催された。志願した12人の子どもたちは、若き騎士になるために必死でライトセーバーの特訓を受け、集まった観客から拍手喝さいを受けていた。

【画像】ジェダイ・アカデミーの様子

本イベントは、12月16日に全世界公開となる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の幕開けを待つこの夏に、『スター・ウォーズ』シリーズに登場する勇者=ジェダイの騎士になるために子どもたちが訓練するもので、東京、大阪、福岡の3都市で行われる。題してジェダイ・アカデミーと名付けられており、本国アメリカではディズニー・ランドでショー形式のアトラクションとして開催されているほど有名だ。

子どもたちは、映画の中でパダワンと呼ばれるジェダイの訓練生として、勇者の中の勇者・ジェダイ・マスターから、強力で危険な武器のライトセーバーの使い方を習った。攻撃のためというより危険が迫ったときだけに使うものだと、騎士としての精神も同時に叩き込まれる。ライトセーバーを振ったり止めたりなど、見様見真似で習得する中で、なぜかしゃがむという実技も。「相手に頭を切られたら大変だから?」と子どもから質問が飛ぶ中、マスターは「首を切られないようにするためだ」と教え、映画の中でジャンゴ・フェットがしゃがむことを知らずに切られたことについても触れたうえで、攻撃をよけるレッスンも行った。

イベント終盤では、ストーム・トルーパーとともにアンチヒーローの象徴ダース・ベイダーがおなじみのテーマ曲とともに登場。真剣に訓練を重ねた彼らに向けて、「私の仲間になれ」とダークサイドへの呼び込みを開始した。すると、マスターが「フォースがついているから勝てる、やるんだ」と12人に戦いを促した。若き騎士たちは練習した通りにフォースを信じて、自分の倍以上の身長はある大きなダース・ベイダーに果敢に立ち向かった。最初はおびえた表情を見せたり、じりじりと後ずさりをしている子もいたが、恐怖に打ち勝ち次々と向かっていく勇敢な精神に、会場からは熱い歓声が送られた。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は今年12月16日(金)より全国にて公開予定。

最終更新:8月11日(木)16時44分

cinemacafe.net