ここから本文です

AKB48マチャリン、再び故郷・台湾に 漫画博でファンの声援浴びる

中央社フォーカス台湾 8月11日(木)18時41分配信

(台北 11日 中央社)アイドルグループ「AKB48」の台湾人メンバー、馬嘉伶(マ・チャリン)が11日、アーケードゲームのPRキャラクターとして、台北市内で開催中の「第17回漫画博覧会」に登場。ファンから大きな歓声を浴びた。

今年7月、加入後初めて台湾でファンイベントを開き、嬉し涙を見せていた馬。当時の心境について、ずっと応援してくれていた「あずき」(ファンの愛称)たちと対面し、感動していたことを明かした。

馬は今後、モデルや女優を目指したいと意欲をのぞかせる。今回の訪台ではプライベートな時間を多く過ごせる予定で、祖母の家を訪れるなど家族団らんを楽しむという。

(鄭景ブン/編集:名切千絵)

最終更新:8月11日(木)18時41分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。