ここから本文です

これがジェダイの英才教育だ!ダース・ベイダーとの実戦でちびっ子にフォース宿る

映画.com 8月11日(木)18時38分配信

 [映画.com ニュース]「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の12月16日の公開を記念し、「スター・ウォーズ」訓練学校と称するイベント「ジェダイ・アカデミー」が8月11日、都内で開催された。抽選で選ばれた12人の子どもたちが参加し、ジェダイの騎士になるための訓練用ライトセーバーを用いた特訓や、宿敵ダース・ベイダーとのバトルに奮闘した。

【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら

 「スター・ウォーズ」プロジェクトの一環として行われる本イベントは、本国アメリカではディズニーランドでショー形式のアトラクションとして行われているもの。日本では東京・大阪・福岡の3都市の開催で、参加対象は4~12歳の子どもたち。ジェダイの訓練生「パダワン」として、ジェダイマスターからライトセーバーの扱いやジェダイの騎士に必要不可欠な強い精神を学んでいく。

 訓練用ライトセーバーを手渡された子どもたちは、ジェダイマスターの後に続き、基本の構えや振り下ろしの練習を繰り返す。しゃがみ込みといった実戦的な動きが加わると、ジェダイマスターは「これは敵に首を落とされないようにするためなんだ。ジャンゴ・フェットは、このトレーニングを受けていなかったから、あんなことになってしまったんだ。ジャンゴはジェット・パックの故障に気づかず、しゃがみ込みも知らなかったんだ。だからみんなはライトセーバーだけに頼らず、しっかりと覚えよう!」と本シリーズの豆知識を交えて解説する。

 だが、「仲間にならないか……」という不気味な声が流れ、ダース・ベイダーとストーム・トルーパーが現れると場内の空気は一変。客席には泣き叫ぶ子どもの姿も。ジェダイマスターの「君たちにはフォースがついている」という言葉や、客席の子どもたちの「大丈夫! 大丈夫!」というエールをうけ、訓練生はベイダーに1対1の勝負を挑むことに。黒光りするベイダーの巨体にたじろきながらも、懸命に技を繰り出すと、ベイダーはたまらず「みごとだ! お前たちには見込みがある!」と声を上げる。最後は、「この子どもたちは強い! 力を合わせればフォースはもっと強力になる」というヨーダの声に導かれ、全員でライトセーバーを構えると、ベイダーは「よくここまで学んだな」と降参した。

 そして最後にはヨーダの声が流れ、最強の敵に勝利した訓練生を「子どもたちよ、ジェダイ評議会は君たちをパダワンと認めたい。これからもジェダイに古くから伝わるトレーニングを続けて、フォースを学び自分自身を高め、ジェダイの道を歩んで行くがよい」と称えた。

 「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ、これまで語られることのなかった物語を映画化する「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は、12月16日から公開。「『スター・ウォーズ』ジェダイ・アカデミー」の東京、福岡校は終了し、大阪校は8月20日にJR大阪駅・大阪ステーションシティで開催。

最終更新:8月11日(木)18時38分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。