ここから本文です

<インタビュー>女優チョン・ユミ、大先輩キム・ヘジャ&コ・ドゥシムのような温かい女優になりたい

WoW!Korea 8/11(木) 11:01配信

デビューして13年目に突入。優しい役、悪役、そして現代物や時代劇と休むことなく駆け抜けてきた。ことしは全50話のドラマ「六龍が飛ぶ」から全20話の「マスター-麺の神」まで出演し、一層成長した姿を見せてくれた女優チョン・ユミ。

チョン・ユミ(屋根部屋)のプロフィールと写真

 チョン・ユミは、韓国で6月に放送終了したドラマ「マスター-麺の神」で、両親の敵を討つため奮闘する検事のチェ・ヨギョンを熱演した。特に後半で大活躍したチョン・ユミは、「スッキリだけど寂しい」と放送終了の感想を明かした。

 「『六龍が飛ぶ』が終わってから『マスター-麺の神』に入るまで一週間しか休みがありませんでした。私は体力がある方ですが、疲れましたね。でもいざ終わってみると、変な感じです。この作品は非常に熾烈だった感じなので、『本当に終わったのかな』と思うほどです。たぶんインタビューのスケジュールが終わったら実感が湧いてくるのかもしれません(笑)。」

 チョン・ユミは「六龍が飛ぶ」に出演後、すぐに「マスター-麺の神」を選び、注目を集めた。さらに彼女が2つの作品で演じた役は、それなりに多くの共通点があった。「六龍が飛ぶ」のヨニは民を悲惨な生活に追い込んだ高麗に対する復讐を、「マスター-麺の神」のヨギョンは両親を殺害したキウ・ギルト(チョ・ジェヒョン)に対する復讐を実行する強い女性だった。

 「ヨニとヨギョンは二人とも女性なのに強くて、主体的でした。ヨニは高麗時代の末、そして朝鮮時代の女性とは想像できないほど強い感じでした。実際にそういった姿をお見せしたかったんですが、出演陣も非常に多く、演技として少し残念に思うところもありました。それを現代物だけど続けてよりうまく表現したいという気持ちで『マスター-麺の神』に出演を決めました。同じ“復讐”というテーマのもとに多様な感情を表現して見たかったんです。」

 チョン・ユミは2004年にドラマ「愛情の条件」でデビューしてから、「宝石ビビンバ」、「トンイ」、「千日の約束」、「屋根部屋の皇太子」、「ワンダフル・ママ」、「春の輪舞曲<ロンド>」、「イニョプの道」と出演し、休むことなくフィルモグラフィーをうめてきた。馬車馬のように働くと言っても過言ではないほどだ。しかし今回の強行軍は、いくら体力なる彼女でも再充電を考えるほど極限だった。

 「本当に休むことなく駆け抜けてきたと思います。韓国で作品を休む時も、中国ドラマに出演したりしていました。それでもまだわからないことだらけです。10年以上やってきましたが、まだまだ足りないところが多いですね。だからなのか最近は女優としてどうやって幸せを続けていかなければならないのか、多く考えています。以前とは違って今は休みが大事な時期だとも思っています。年齢的な面でもそうだし、女優としての年数や女性として変化を与えなければならない時期だと思います。だから休みの間にそういったことをたくさん悩んでみる計画です。」

 ならば彼女が今後演じてみたい役は何だろうか。これまで純粋至高な、時には強く奥ゆかしい女性を演じてきたが、これからは甘いロマンスも挑戦してみたいと明かした。「甘くてフワフワした役をやってみたいです。見ているだけでも愛らしい感じの役です。もしくは声を張り上げて物を投げたりするようなエネルギーを発散する強烈な悪役をやってみたいとも思います。」

 このようにチョン・ユミは、インタビューの間ずっと“変化”を強調し、女優として果てしない向上心を見せた。久しぶりの休みすら、今後どうやって成長できるのか考えるというのだ。そかしずっと明るく前向きなエネルギーあふれる深い印象を残したチョン・ユミ。最後に今回の活動で得たものと今後なりたい女優像について尋ねた。

 「今回も“愛”が残ったと思います。撮影監督、メイン監督、共演者、それ以外にも本当に多くの方々が私に力をくださいました。特に終盤でチョ・ジェヒョン先輩と一対一のシーンが多かったのですが、たくさんのことを感じました。こうなるとは思いませんでした。コン・スンヨンさんとも続けて共演しました。一緒のシーンはほとんどなかったのですが、妙な“戦友愛”が生まれましたね(笑)。」

 「最近本当に忙しいのですが、『ディア・マイ・フレンズ』というドラマを少しずつ見ています。作品の評価も良く、一緒に出演した先輩方も出ているので。私はそこに出ていらっしゃるキム・ヘジャ先輩やコ・ドゥシム先輩のような女優になりたいです。演技も本当にお上手ですが、現場でみんなをまとめる温かい感じがあるんです。先輩たちが座っていらっしゃるだけで、現場が温かくなるんですよ。私もそんな温かさを与えられる女優に成長していきたいです。」

最終更新:8/11(木) 11:01

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]