ここから本文です

4年ぶり刷新の「MacBook Pro」はAMDのPolaris採用か──Bloomberg報道

ITmedia ニュース 8月11日(木)10時7分配信

 米Appleが年内に発表するとうわさの次期「MacBook Pro」の仕様について、米Bloombergが8月10日(現地時間)、複数の情報筋からの話をまとめた記事を公開した。

9TO5MacからBloombergに移ったマーク・ガーマン氏

 かつて米9TO5Macで多数の信頼性の高いリーク記事を担当し、5月にBloomberg入りしたマーク・ガーマン記者による記事だ。

 5月に台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が発表した予測と同様に、新モデルはより薄く、軽くなり、指紋認証の「Touch ID」をサポートし、キーボード上部にファンクションキーのように使えるOLEDのディスプレイタッチバーが追加されるとしている。

 Touch IDはOLEDディスプレイの隣に設置され、ログインやApple Payの認証に利用できる(AppleはWWDC 2016で、次期OSでApple Payをサポートすると発表した)。

 OLEDディスプレイは切り替え可能なファンクションキーとして使え、ソフトウェアアップデートで新しいキーとして使えるようになるという(3Dグラフィックデザイナーのマーク・ハイェク氏によるコンセプト画像はこちら)。

 また、筐体を薄くするために、米AMDのグラフィックスプロセッサ「Polaris」(コードネーム)を採用するという。AMDは、Polarisシリーズのグラフィックスカードは従来より20%薄くなるとしている。

 ポートは新しい「MacBook」同様にUSB-Cポートになるが、ポート数は不明。

 色もMacBookとシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色になるが、発売段階で全色そろうかどうかは分からないとしている。

 ガーマン氏によると、Appleは次期MacBook Proのテストを2016年に入ってから実施しているが、9月7日の「iPhone 7/7 Plus」(仮)発表イベントでは発表しないという。米MacRumorsは、Appleは10月に別のイベントを開催し、そこでMacBook Proを発表すると予測している。同社は2012年から毎年、9月とは別に10月に発表イベントを開催し、iPadやMacの新モデルを発表してきた。

最終更新:8月11日(木)10時7分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]