ここから本文です

北條が阪神の連敗止めた…同点犠飛&V打!守備のミスをバットで返した

デイリースポーツ 8月11日(木)6時2分配信

 「広島1-2阪神」(10日、マツダスタジアム)

 白熱する投手戦の均衡を破ったのは、期待の若虎だ。1-1の六回2死満塁で、北條史也内野手(22)が三遊間へ運んだ。高いバウンドの打球は遊撃への内野安打となり、勝負を決めた。6回2/3、1失点と力投したベテランの能見篤史投手(37)は7勝目。チームの連敗は3でストップした。

 全力で一塁を駆け抜け、電光掲示板には「H」ランプがともった。決勝打を放った殊勲者は、北條だ。昨季は1軍戦1試合のみの出場に終わった22歳の若虎に、まばゆいばかりのカクテル光線が降り注ぐ。誰もが成長を認める男が、首位・広島に土をつけた。

 「いろいろと考えてしまうと硬くなってしまうので何も考えずに。前の打席で安打を打っていましたし、いいイメージだけを持って打ちにいきました」

 一進一退の攻防が続く1-1の六回2死満塁。先発・福井のフォークが甘く入ってくると、迷わずバットを出した。高いバウンドになった打球は三遊間へと転がり、遊撃・田中が捕球しても一塁はセーフ。内野安打を勝ち取り、鳥谷が勝ち越しのホームへ生還した。

 二回1死一、三塁では、シュートを運んで同点となる左犠飛。五回1死は中前へはじき返し、すかさず二盗も決めた。2安打2打点の活躍に、三塁ベンチは沸き上がる。ただ、北條の胸には複雑な思いが交錯していた。

 「守備でエラーをしてしまいましたけど、能見さんがその後を抑えてくれたので。なんとか走者をかえして、同点に追いつこうと思っていました」

 初回2死二塁で、新井のボテボテの打球は三塁・北條の前へ。捕球したものの、握り替えをミスして今季9個目の失策。さらに、三回1死の場面ではルナの三ゴロをファンブル(記録は三塁強襲安打)。久慈内野守備走塁コーチは「軽率なプレーじゃないから。また、練習していけばいい」と背中を押した。それでも、決して満足できる守備ではない。

 プロの世界に入り、鳴尾浜で奮闘した3年間は嵐のようなノックを受ける日々だった。捕球する際に地面から遠くなってしまう上体を、少しでも近づけるようにゴロ捕球など基本練習を反復。当時守備部門を担当していた筒井2軍打撃コーチは「もうやることは全てやったから。後は、1軍で経験して成長してもらうだけ」と話す。

 掛布2軍監督は北條について「何事にもびびることがない。高校時代に甲子園を4回経験して、大舞台でも堂々とできる」と評価している。打率・255と低空飛行を続ける。今は、一流への階段を上っている途中だ。

 「毎日必死でチームのためを思ってやっています。今度は甲子園でヒーローになれるように頑張ります」

 プロ初のヒーローインタビューで語った今の心境。「必死」という言葉に、北條の思いは集約されている。

最終更新:8月11日(木)6時30分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]