ここから本文です

<X-MEN:アポカリプス>新旧世代で最強の敵に挑む! X‐MEN結成秘話も熱い

まんたんウェブ 8月11日(木)20時11分配信

 映画「X‐MEN」シリーズの最新作「X‐MEN:アポカリプス」(ブライアン・シンガー監督)が11日に公開された。今作は、「X‐MEN:ファースト・ジェネレーション」(2011年)、「X‐MEN:フューチャー&パスト」(14年)に続く完結編。歴史上最古のミュータントで、長い眠りから目を覚まして人類の堕落を知り、世界を破壊し“浄化”しようとするアポカリプスと、特殊な能力を持つX-MENの戦いを描く。ジェームズ・マカヴォイさんをはじめ、マイケル・ファスベンダーさん、ジェニファー・ローレンスさんらが出演し、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(15年)のオスカー・アイザックさんがアポカリプス役を演じ、日本語吹き替え版では俳優の松平健さんが声を担当している。

【動画】「X-MEN:アポカリプス」予告編

 紀元前3600年、神として君臨していた人類史上初のミュータントであるアポカリプス(アイザックさん)は、裏切り者の手で封印されてしまう。しかし数千年の眠りから目覚め、人類の堕落を知ったアポカリプスは、マグニートー(ファスベンダーさん)ら4人のミュータント「黙示録の四騎士」を集め、世界を破壊し再構築を始める。不穏な動きを知ったプロフェッサーX(マカヴォイさん)らは戦いを挑むが……というストーリー。

 「X‐MEN」シリーズはヒーロー側だけでなく、敵にも個性的なキャラクターが続々と登場するのが魅力だが、今作に登場するアポカリプスは史上最強と呼ばれる存在であり、アイザックさんの怪演ぶりが作品を熱く盛り上げている。さらに新たな世代として前シリーズの主要メンバーであるジーンやサイクロップス、ストームが登場し、ナイトクローラーやクイックシルバーら若いX-MENたちの関係を濃密に描いている点も見逃せない。特にサイクロップス誕生の経緯に関して、苦悩しながらも成長する姿は見ていて感動ものだ。

 シリーズをつなぐ要素をたっぷりと描いたためか、心なしかアポカリプスの存在がかすみがちなのは否めないが、総じて新旧のメンバーの絆が揺るぎないものとして確立されていく様子が見られ、3部作の完結編として申し分ない。VFFを駆使して描写された圧巻のバトルの先にある結末を見届けたい。11日からTOHOシネマズ スカラ座(東京都千代田区)ほか全国で公開。3D同時公開。(遠藤政樹/フリーライター)

 <プロフィル>

 えんどう・まさき=アニメやマンガ、音楽にゲームなど、ジャンルを問わず活動するフリーの編集者・ライター。イラストレーターやフォトショップはもちろん、インタビュー、撮影もオーケーと、どこへでも行き、なんでもこなす、吉川晃司さんをこよなく愛する自称“業界の便利屋”。

最終更新:8月11日(木)20時16分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。