ここから本文です

映画『ペット』続編が製作決定!バナナマン、声優続投に色気

シネマトゥデイ 8月11日(木)18時7分配信

 お笑いコンビ・バナナマン(設楽統、日村勇紀)が11日、都内で行われた映画『ペット』初日舞台あいさつに登壇し、サプライズ発表された本作続編の声優続投に色気を見せた。この日は、佐藤栞里、本作の取“柴”役宣伝隊長の世界で一番有名な柴犬・まるちゃんも来場した。

バナナマン、「是非お願いしたい」映画『ペット』続編に色気 画像ギャラリー

 『ミニオンズ』のイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・ピクチャーズによる最新作は、ペットたちの裏側の日常をユーモラスに描いた笑いと感動と絆の物語。大好きな飼い主ケイティ(佐藤)と幸せな生活を送っていた主人公の雑種犬マックス(設楽)が、ある日保健所から大型犬デューク(日村)がやって来たことをきっかけにトラブルに巻き込まれ、ニューヨークの舞台で仲間たちと大冒険を繰り広げる。

 本国では公開5週目で3億1951万ドル(319億5,100万円 1ドル=100円)に到達し、7~8月に全米公開された作品の中でトップの成績を飾った本作は、各国でも公開されるや興行収入ランキング1位を獲得。そして全世界興行収入は、8月9日時点で5億287万ドル(528億7,000万円 1ドル=100円)を突破した。

 そんな中で迎えた日本公開初日に浴衣姿で登場した一同。設楽が「我々も楽しみに待っていたんですけど、皆さん楽しんでいただけましたか?」と客席に投げかけて大きな拍手を受けると、日村も「これだけたくさんの人に来ていただいて鳥肌が出まくってます」と興奮気味にあいさつ。佐藤も「初めての映画の舞台あいさつで緊張しているんですけど、今日皆さんに会えて本当にうれしいです」と喜びをかみしめた。

 その後、夏の風物詩であるスイカ割りで大ヒット祈念することになり、登場した巨大なスイカに驚く設楽たちは、巨大スイカを割った中から出てきた「祝! 続編決定!!」のパネルを確認すると、さらに「えー!?」「すごーい!」「早くない?」と驚愕。2018年7月13日に全米公開が決定していることも伝えられると、設楽は「また我々に(声優を)頼んでくれるんですかね? しれっと違う人に(オファーが行くのは)……」と不安をのぞかせつつ、「ぜひお願いしたいよね」と希望を吐露。日村も「(劇中に)犬はいっぱいいるからね…」と主人公がほかの犬に奪われることを危惧しながらも、「出たい出たい!」と声を張ってアピールした。(取材/錦怜那)

最終更新:8月11日(木)18時7分

シネマトゥデイ