ここから本文です

ザ・ピーナッツカバーで相田翔子&森高千里、あみ~ゴ&ミキティほか豪華コラボ

音楽ナタリー 8月11日(木)13時11分配信

9月7日にリリースされるザ・ピーナッツの生誕75周年記念トリビュートアルバム「ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス」に参加するアーティストの組み合わせと、それぞれの歌唱楽曲が明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

女性アーティスト総勢24名が、2人組でザ・ピーナッツの楽曲をカバーする本作。吉田美和(DREAMS COME TRUE)と浦嶋りんこからなるFUNK THE PEANUTS、ももいろクローバーZの“ももたまい”こと百田夏菜子と玉井詩織、Little Glee Monsterのアサヒとmanakaといったグループ内での組み合わせのほか、相田翔子と森高千里、矢井田瞳と植村花菜、鈴木亜美と藤本美貴、中川翔子と平野綾、夏川りみと島谷ひとみ、太田裕美と谷山浩子、森口博子とマルシア、岩崎宏美と石川ひとみ、華原朋美とmisonoというスペシャルなコラボレーションが実現した。併せて公開されたトリビュートアルバムのダイジェスト映像では、ザ・ピーナッツのオリジナル楽曲に乗せて計12組の組み合わせが紹介されている。

9月7日に同時発売されるアルバム「ザ・ピーナッツ オリジナル・ソングス」には、「ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス」と同じ楽曲、同じ曲順でザ・ピーナッツのオリジナル音源が収録され、さらにボーナストラックとして1975年4月のラストライブ音源が収められる。

V.A.「ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス」収録曲 / アーティスト
01. 恋のバカンス / FUNK THE PEANUTS(吉田美和、浦嶋りんこ)02. 恋のフーガ / ももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織)03. ふりむかないで / Little Glee Monster(アサヒ、manaka)04. 情熱の花 / 相田翔子、森高千里05. 明日になれば / 矢井田瞳、植村花菜06. 恋のオフェリア / 鈴木亜美、藤本美貴07. モスラの歌 / 中川翔子、平野綾08. 手編みの靴下 / 夏川りみ、島谷ひとみ09. 指輪のあとに / 太田裕美、谷山浩子10. 大阪の女 / 森口博子、マルシア11. ウナ・セラ・ディ東京 / 岩崎宏美、石川ひとみ12. 銀色の道 / 華原朋美、misono13. スターダスト / ザ・ピーナッツ(伊藤エミ、伊藤ユミ)

ザ・ピーナッツ「ザ・ピーナッツ オリジナル・ソングス」収録曲
01. 恋のバカンス02. 恋のフーガ03. ふりむかないで04. 情熱の花05. 明日になれば06. 恋のオフェリア07. モスラの歌08. 手編みの靴下09. 指輪の後に10. 大阪の女11. ウナ・セラ・ディ東京12. 銀色の道13. スターダスト<ボーナストラック>ザ・ピーナッツ ラスト・ライブ(1975年4月5日渋谷NHKホールより)14. 恋のフーガ15. 情熱の砂漠~さよならは突然に16. 浮気なあいつ

最終更新:8月11日(木)13時11分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。