ここから本文です

高山が加納攻略デモ!!元日本王者を連打で圧倒

デイリースポーツ 8月11日(木)6時3分配信

 「ボクシング・WBO世界ミニマム級王座決定戦」(20日、三田市駒ケ谷運動公園体育館)

 前IBF世界ミニマム級王者・高山勝成(33)=仲里=が大阪市内で10日、国内最多16度目の世界戦に向けスパーリングを公開した。元日本王者の大平剛(31)=花形=をわざわざ横浜から招き、異例の加納陸(18)=大成=攻略デモを敢行した。

 14年大みそかに7回TKOで下した敵をあえて指名した。横浜と大阪で計26ラウンドを行い仕上げていく。サウスポーで身長も同程度のまさに「仮想・加納」を、この日も連打で圧倒した。大平は「僕とやった時よりレベルは上。今のを見たら高山さんかなあ」と高山有利を予想した。

 高山は国内最年少18歳9カ月4日での世界奪取を狙う加納を「よくここまで上がって来た」と称えた。だが「ここから先は別次元」とキッパリ。国内初の4団体制覇王者が若者の夢を阻む。

最終更新:8月11日(木)6時37分

デイリースポーツ