ここから本文です

【サッカー】日本1次リーグ敗退 今大会初勝利も3位に終わる

東スポWeb 8月11日(木)8時59分配信

【ブラジル・サルバドル10日(日本時間11日)発】サッカー1次リーグB組最終戦、勝ち点1で3位の日本は勝ち点1ながら総得点の差で最下位のスウェーデンに1―0と快勝。しかし、勝ち点2で2位のコロンビアがナイジェリアに勝ったため、日本は1次リーグで姿を消すことになった。

 2試合を終えた時点で、日本が自力で決勝トーナメントに進出する可能性は消滅した。しかし、この最終戦に勝つか引き分ければ、コロンビア―ナイジェリア戦の結果次第で、決勝トーナメント進出の可能性がある。

 それだけに失点は絶対に許されず、前半はしっかり守って0―0で折り返した。一方、コロンビアは前半を終えて1点リード。このままいけば、日本は結果にかかわらず、1次リーグ敗退となる。

 後半19分に試合が動く。同13分にMF南野拓実(21=ザルツブルク)に代わって入っていたMF矢島慎也(22=岡山)が、MF大島僚太(23=川崎)のクロスに走り込みながら右足を合わせて、待望の先制点を奪った。

 このまま逃げ切ったが、後半に追加点を挙げたコロンビアもナイジェリアに2―0と快勝し、勝ち点を5に伸ばした。日本は1勝1分け1敗の勝ち点4で3位に終わり、決勝トーナメントに進めなかった。

最終更新:8月11日(木)9時9分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。