ここから本文です

こじるり「結婚したい」発言にTBS困惑

東スポWeb 8月11日(木)10時1分配信

 タレントの小島瑠璃子(22)が9日、都内で行われた定額制電子書籍サービス「楽天マガジン」の発表会に出席した。

 約200もの雑誌をタブレット端末などで月額380円で読むことができるサービス。普段からスポーツ紙や雑誌を移動中に読んでいるという小島は「雑誌は何冊も持ち歩いたら重たいけど、電子書籍なら簡単便利。本当にありがたいです」。

 幅広い分野での的確なコメントが評価されているこじるりは「普段から世の中のトレンドは雑誌で勉強してます」とコメント力の源を明かした。

 最近、芸能界で結婚の話題が続いていることにも小島は興奮気味に反応。2014年のドラマ「Nのために」(TBS系)での共演をきっかけに結婚した榮倉奈々(28)と賀来賢人(27)について「ニュースを聞いて萌え~って感じでした。2人は27~28歳での結婚ですよね、私もドンピシャでそのくらいで結婚したい」と願望を披露した。

 だが、小島が考える“適齢期”には、20年の東京五輪が控えている。TBS系のスポーツ番組「S☆1」でスポーツキャスターを務めるだけに、このまま起用されれば、同局期待の五輪キャスター候補として多忙になるのは間違いないが、小島は「旦那さんと東京五輪を観戦したいと思います」と、4年後は夫婦観戦すると宣言した。しかし、それでは困るのがTBSだ。

「正直、こじるりに代わる若手女性タレントが育っていないし『S☆1』ではおじさん世代へのウケがいいので、4年後の東京五輪でもキャスターとしてバリバリやってもらわないと困る。こじるりはスポーツ取材の現場でも、選手サイドの評判がすこぶるいい。結婚して東京五輪を夫婦観戦することになったら、ウチにとっては大きな損失です」(TBS関係者)

「S☆1」には小島が売れる前から出演しているため、小島のギャラも相場よりかなりおトクで番組制作費の抑制にも貢献しているという。4年後の結果はいかに――。

最終更新:8月11日(木)10時11分

東スポWeb