ここから本文です

広島新庄・堀177球熱投!延長12回投げきった…先輩・G田口を「見習ってる」

デイリースポーツ 8月11日(木)6時3分配信

 「全国高校野球・1回戦、広島新庄2-1関東第一」(10日、甲子園球場)

 広島新庄は、ドラフト候補左腕・堀瑞輝投手(3年)の力投で延長戦を制し、2年連続で2回戦に進出した。

 こん身の力を込めて投げ込んだ。最後の打者・竹井のバットが、143キロの直球に空を切った。エース堀が延長12回1失点、177球を投げ抜きマウンドで仁王立ちした。

 初回に失点し、序盤は制球が定まらず苦しい投球が続いた。三回から六回までプレートを踏む位置を一塁方向から真ん中に変えた。昨夏の2回戦・早実戦(西東京)で早々に降板。「ピンチで慌てることなく自分の投球ができた」と反省を生かして修正した。

 徐々に調子を上げて、六回から十二回までは2安打投球。自身の最速147キロには及ばなかったが、144キロの直球とスライダーを駆使してスコアボードに0を並べた。

 広島大会は6試合中5試合に完投。関西に来てから疲労回復に努めた。シート打撃に登板中、打球を左足に受けるアクシデントもあったが、影響を感じさせない熱投で東京勢にリベンジした。先輩の巨人・田口を尊敬し「気持ちで押していくところを見習っている」という左腕。2回戦は初回から快投を披露する。

最終更新:8月11日(木)7時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)