ここから本文です

特例宿泊で警戒強化 双葉署パトロール出動式 大熊

福島民報 8月11日(木)11時11分配信

 東京電力福島第一原発事故で全町避難が続く福島県大熊町で11日から特例宿泊が始まるのを前に、双葉署は10日、同町大川原地区の駐車場でパトロール強化出動式を行った。 
 約80人が参加した。佐治誠署長が「住民が安心してわが家で宿泊できる環境を整えることが重要。住民の思いを大切にし、しっかり活動したい」、渡辺利綱町長が「将来に向けた帰還の第一歩。町民が古里の良さを実感できるよう協力してほしい」と述べた。富岡消防署の中嶋忠署長があいさつした。 
 双葉署刑事生活安全課の藤田正彦課長が出動を申告。署員がパトカーに乗り込み、町内のパトロールに出発した。 

福島民報社

最終更新:8月11日(木)11時20分

福島民報