ここから本文です

「Pokemon GO」ファンが自作したソーラー式充電ステーション「ポケセンター」がかわいい

ITmedia ニュース 8月11日(木)15時48分配信

 「近所の公園で楽しそうにPokemon GOをプレイしているコミュニティーを見て、このゲームの“ソーシャルハブ”になるようなプロジェクトを思いついた。それが充電ステーション“ポケセンター”だ」──。Pokemon GOファンという米国在住のスペンサー・カーン氏がこの個人プロジェクトの成果を披露した。

ポケセンターの設計図

 ポケセンターは、カーン氏がキャンプで愛用している太陽発電機「Yeti 400」を搭載し、10~12台のスマートフォンを同時に充電できるUSBポートを備える。「急いだので」基礎部分は木製だが、屋根や壁は3Dプリンタで印刷したもの。モンスターボールをあしらった赤い屋根がかわいらしい。

 カーン氏はLinkedInによると、米Microsoftでゲーム関連の“Art Lead”(デザイン関連の責任者)を務めており、Sony Online Entertainmentに在籍していたこともある。同氏はMicrosoftのマインクラフトのファンでもあり、マインクラフト専用PCの自作プロジェクトも発表している。

 ポケセンタープロジェクトの詳細は、同氏のSwayで見ることができる。

最終更新:8月11日(木)15時48分

ITmedia ニュース