ここから本文です

ベイカー茉秋、東京五輪で連続金宣言「2連覇したい」

デイリースポーツ 8月11日(木)7時39分配信

 「リオ五輪・柔道男子90キロ級」(10日、カリオカアリーナ)

 2015年世界選手権3位のベイカー茉秋(21)=東海大=が決勝でベルラム・リパルテリアニ(ジョージア)に優勢勝ちし、金メダルを獲得した。2分過ぎに大内刈りで有効をとり、このポイントを守り切った。今大会、日本の柔道勢は3つ目の金メダル。また90キロ級では階級変更前の86キロ級も含めて日本初の金メダルとなった。

 セレモニーでベイカーは満面の笑みを浮かべて金メダルを受け取った。「幸せです!このオリンピックで柔道人気を爆発させたいと思っていたので。本当は一本でバシッと決めたかったのですが、仕方ないですね」。頂点に立った実感をかみしめた。

 東海大の先輩でもある井上康生監督からは「よくやってくれた」と称えられたという。「本当に勝てて今までの恩を返すことができて良かった」とほっとした表情を浮かべた。

 まだ21歳。「東京で2連覇したい」。4年後に向け、新たな目標が生まれた。

最終更新:8月11日(木)7時47分

デイリースポーツ