ここから本文です

手倉森ジャパン先制!後半20分、途中出場の矢島が決めた

デイリースポーツ 8月11日(木)8時32分配信

 「リオ五輪・サッカー男子・1次リーグ、日本-スウェーデン」(10日、フォンチノバ・アリーナ)

【写真】待望の先制点!矢島が決めた

 手倉森誠監督率いる日本が決勝リーグ進出を懸けて、1次リーグB組最終戦・スウェーデン戦に臨み、後半20分に途中出場のMF矢島慎也(岡山)が待望の先制ゴールを決めた。

 前半を0-0で折り返した。興梠慎三(浦和)、浅野拓磨(アーセナル)を2トップに置く4-4-2の布陣で臨んだ日本は序盤から積極的に攻めたが、前半を0-0で折り返す。

 後半に入り、手倉森監督は矢島、FW鈴木武蔵(新潟)を投入。20分に左サイドを突破した大島僚太(川崎)がグラウンダーのクロス。飛び込んだ矢島がスライディングしながら右足で決めた。

 日本は前戦・コロンビア戦からDFラインを変更。オウンゴールを献上した左SBの藤春広輝(G大阪)に代わり亀川諒史(福岡)が今大会初のスタメンとなった。

 ここまで1敗1分けの勝ち点「1」の日本はどうしても勝ち点3が欲しい一戦。敗れた時点で1次リーグ敗退が決まるが、勝っても同組のコロンビア(勝ち点2)-ナイジェリア(勝ち点6)戦の結果次第では決勝トーナメントへは進めない。こちらの試合は、前半を終えてコロンビアが1-0でリードしている。

最終更新:8月11日(木)8時54分

デイリースポーツ