ここから本文です

【体操】五輪2連覇の内村「体操の面白さ、難しさを見せられた」

東スポWeb 8月11日(木)11時50分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ10日(日本時間11日)発】体操男子個人総合の決勝が行われ、内村航平(27=コナミスポーツ)が合計92・365点で五輪2連覇を達成。男子団体に続いて今大会2個目の金メダルを獲得した。

 内村の話「よかったです。ただただ、よかったです。オレグ選手の点数は見ていませんでしたが、アナウンスされるのでわかってはいた。自分も平行棒で力みがあったが、それ以外は自分の演技ができた。最後の鉄棒をやる前は『いつも通りにやる。着地を止める』としか考えていなかった。実際、いい演技ができたので、これで負けても悔いはなかった。まあ、見ている人には体操の面白さ、難しさを見せられたんじゃないか。それを伝えられたのはよかったと思う」

最終更新:8月11日(木)12時6分

東スポWeb