ここから本文です

仮想世界でリアルな殺りくゲーム開始、近未来SF「VR ミッション:25」予告編

映画ナタリー 8月11日(木)18時0分配信

ゲーマー8人が体験する仮想空間での戦いを描く「VR ミッション:25」の予告編が、YouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、近未来の米国ニューヨークを舞台に、オンラインゲームの名手たちが最新型VRゲーム内でリアルな戦闘に巻き込まれていくSFアクションスリラー。プレイヤー自身がゲームのキャラクターとなり、テロリストの恐怖に立ち向かう。主演は「イントゥ・ザ・ストーム」のマックス・ディーコン。本作で長編デビューを果たしたチャールズ・バーカーが監督・脚本を担当した。

予告編では冒頭、最新型ゲーム「ザ・コール・アップ」のテストプレイヤーとして集められた8人の男女が、期待を胸に防具や武器を身に付けていくシーンを映し出す。その後、ゲーム開始が告げられると景色は一変。テロリスト排除の使命を負いゲームを楽しむプレイヤーたちだったが、任務遂行中に受ける痛みが現実の肉体にも影響を及ぼすことを知り、恐怖を覚える。

「VR ミッション:25」は、11月19日より東京・池袋HUMAXシネマズ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。

最終更新:8月11日(木)18時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。