ここから本文です

DeNA“苦手”東京ドームで6連敗…ラミレス監督は田口に脱帽

デイリースポーツ 8月11日(木)9時0分配信

 「巨人5-2DeNA」(10日、東京ドーム)

 若き左腕の前に打線が沈黙。DeNAは苦手の東京ドームで6連敗となった。相手先発の3年目・田口の前に六回2死まで無安打。最後まで突破口を見いだすことはできなかった。

 初回に2四球から1死一、二塁の好機を作ったが頼みの4番・筒香が投ゴロ併殺打。「非常に厳しい投球をされた。打者が予想していた以上に直球が切れていたし、いい投球をされた。(初回の)チャンスの時に、それをつかまないと…」とラミレス監督も脱帽するしかない投球内容だ。

 球数が増えた田口が八回2死一塁でマウンドを降りると、宮崎が2番手・田原誠から右翼へ2ランを放った。だが、試合の流れを変えるまでには至らない。

 この試合まで東京ドームではチーム打率・190。ラミレス監督は「積極的に振ることができていない」と打線の状態を嘆き、11日は三塁にロペス、一塁に後藤を配して相手先発・今村に対し、右の強打者を並べる考えを明かした。球団初のCS進出へ、負の連鎖は早めに断ち切るしかない。

最終更新:8月11日(木)9時2分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]