ここから本文です

ジゼル、五輪開会式で感極まって泣きそうだったと告白

Movie Walker 8月11日(木)13時4分配信

リオデジャネイロ・オリンピックの開会式で最後のランウェイを披露し、ゴールドのロングドレスでトップモデルの華麗な美しさを見せつけたジゼル・ブンチェンが、実は感極まって泣きそうになったと告白している。

【写真を見る】リオ五輪の開会式で一夜限りのランウェイ復帰を果たしたジゼル

「ものすごく緊張しました。『泣いちゃダメ!泣いちゃダメ!』と自分に言い聞かせました。私はブラジルの人々に誇りを感じてほしかった。私を彼らの代表に選んでくれたのですから。がっかりさせるわけにはいきません。感情的になってしまい、深く息をして泣かないようにしました」とジゼルは米国のテレビ番組TODAYに話している。

ジゼルが感極まってしまったのは、彼女がランウェイを歩いていた時にかかっていた曲が「イパネマの娘」だったせいもあるという。「『イパネマの娘』は歴史あるブラジルの歌です。私は本当に謙虚な気持ちになり、光栄に感じました。あれほど幸福な瞬間はありませんでした」とジゼルは明かしている。

また、ジゼルは一生に一度の晴れ舞台で転んだらどうしようという思いも頭をかすめたそうで、「ドレスがとても長いテールを引いていましたから、『とにかく何があってもテール、私の後ろから飛び出さないでちょうだい』と思っていました。裾を踏みつけて転んだりしたら、あんまり美しい人魚には見えませんからね」と話したとContactmusic.comが伝えている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:8月11日(木)13時4分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。