ここから本文です

【競泳】萩野公介 200M個メ決勝進出「最高の勝負したい」

東スポWeb 8月11日(木)12時20分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ発】2冠を目指す競泳男子の萩野公介(21=東洋大)が10日(日本時間11日)、200メートル個人メドレーの準決勝に第1組で登場し、一度もリードを許すことなく1分57秒38の1着、全体4位で決勝進出を決めた。

 第2組で臨んだ藤森太将(25=ミキハウス)も全体7位の1分58秒20で決勝へ。全体1位は1分55秒78のマイケル・フェルプス(31=米国)で同2位は1分56秒28のライアン・ロクテ(32=米国)。決勝は11日(日本時間12日)に行われる。

 萩野は“2個メ”で2個目の金メダルに「明日は1本なので頑張りたい。見ていてください。最高の勝負をしたい」と意気込み、藤森も「イメージどおりに泳げば、メダルも見えてくる」と自信をのぞかせた。

最終更新:8月11日(木)12時34分

東スポWeb