ここから本文です

映画『ペット』早くも続編決定!バナナマン&柴犬まるも浴衣姿で喜びのフォトセッション

Movie Walker 8/11(木) 14:40配信

『ミニオンズ』のイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再びタッグを組んだ映画『ペット』の初日舞台挨拶が8月11日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、日本語吹替版の声優を務めるバナナマンの設楽統と日村勇紀、佐藤栞里、本作の宣伝隊長を務める柴犬まるが出席。ステージでは「続編決定」のニュースが発表され、登壇者陣が「早くない!?すごい!」とそろって驚きの表情を見せた。

【写真を見る】浴衣姿の柴犬まるちゃんにみんなメロメロ!青地に金魚柄の浴衣姿で登場した

本作は、「飼い主がいない時、ペットたちは一体どんなことをしているのか?」という誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描いたアドベンチャー映画。この日は、登壇者陣が涼しげな浴衣姿を披露した。

大人気の柴犬まるが青地に金魚柄の浴衣姿で現れると、客席からも「かわいい!」と大歓声。まるの一挙手一投足に注目が集まる中、設楽も「全然、物怖じしない。まるちゃんも浴衣!」、日村も「すべてのカメラがまるちゃんを撮っている。かわいいねぇ!」とメロメロの様子だった。

ステージに巨大スイカのオブジェが用意され、スイカ割りに挑戦することとなったこの日。会場の「せーの!」の掛け声とともに、設楽、日村、佐藤がスイカを割ると、「続編決定」のプレートがお目見えした。まったくこのニュースを知らなかった3人は、プレートを見て「おー!続編決定!?」と驚愕。

2018年7月13日の全米公開を予定しているというが、3人は「早くない!?今日、初日なのにもう決定!?うれしい!」と喜びつつ、設楽は「また我々に頼んでくれるんですかね?」、日村も「違うペットになっちゃうの?」と続編に再出演できるのか不安顔。設楽が「(演じた役が)ぜひ登場してほしい」と続けると、日村も「出たい、出たい!」と前のめりで、願望を明かしていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:8/12(金) 13:02

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]