ここから本文です

「準備宿泊秋彼岸から」 富岡町長、町議会に示す

福島民報 8月11日(木)13時26分配信

 早ければ来年4月の避難指示解除を目指す福島県富岡町の避難指示解除準備、居住制限両区域で政府が21日から実施意向の準備宿泊について、宮本皓一町長は秋彼岸からの開始が適当との考えを示した。10日の議会全員協議会で明らかにした。 
 10月の町立診療所開所や小浜地区の上下水道復旧、墓参などを考慮した。政府の原子力災害現地対策本部の後藤収副本部長は「町長の考えを重く受け止める」と述べた。 
 環境省は富岡町での追加除染を9月末までに計画の約70%で終える。全員協議会で見通しを示した。町内で約4600件の追加除染を想定しており、6月末の進捗(しんちょく)率は23%。 

福島民報社

最終更新:8月11日(木)13時40分

福島民報