ここから本文です

日中友好題材に写真展 中国総領事館が作品展 新潟

福島民報 8月11日(木)13時27分配信

 新潟市にある中国総領事館の朱鷺(とき)杯日中友好写真展は10日、市内の新潟県民会館で開幕した。 
 日中の文化交流を促進し、相互理解を深めようと初めて開催した。総領事館が管轄する福島、宮城、山形、新潟4県と中国から寄せられた友好、自然、人物などがテーマの写真981点のうち、入賞・入選した156点を展示している。両国の友好の歩みを振り返る写真も紹介している。 
 福島県内関係では福島県知事賞に輝いた国分憲一さん(郡山市)の「天空の祈り」、福島民報社社長賞に選ばれた柳沼輝雄さん(須賀川市)の「霧にむせぶ」などが並んでいる。グランプリは汪佳欣さん(中国)の「水郷」が受賞した。 
 19日まで。午前9時半から午後5時まで鑑賞できる。入場無料。福島県日中友好協会などが共催、福島民報社などが後援している。 
 10日は会場で開会式を行った。何平総領事、泉田裕彦新潟県知事らがあいさつした後、福島民報社の芳見弘一常務・編集主幹らが加わりテープカットした。 

福島民報社

最終更新:8月11日(木)13時43分

福島民報