ここから本文です

吹替特集で「猿の惑星」「メン・イン・ブラック」シリーズなど30時間連続オンエア

映画ナタリー 8月11日(木)20時30分配信

「30時間まるごと吹替偉人伝」と題された特集放送が、明日8月12日から13日にかけてイマジカBSにて展開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この特集放送では、「猿の惑星」シリーズ第1作から第5作、「メン・イン・ブラック」シリーズ3作の吹替版を放送するほか、納谷悟朗がリー・ヴァン・クリーフに声を当てた「新・夕陽のガンマン/復讐の旅」「怒りの荒野」などをオンエア。石田太郎や此島愛子、大塚周夫がそれぞれ吹替を担当した「遠すぎた橋」「カサンドラ・クロス」「合衆国最後の日」、玄田哲章が声を当てた「ターミネーター2 特別編」、大塚明夫が吹替を行った「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」も放送される。

詳しい放送スケジュールはイマジカBSの公式サイトで確認を。

30時間まるごと吹替偉人伝
イマジカBS 2016年8月12日(金)17:00~13日(土)23:00<放送作品>「猿の惑星」「続・猿の惑星」「新・猿の惑星」「猿の惑星/征服」「最後の猿の惑星」「メン・イン・ブラック」「メン・イン・ブラック2」「メン・イン・ブラック3」「新・夕陽のガンマン/復讐の旅」「怒りの荒野」「遠すぎた橋」「カサンドラ・クロス」「合衆国最後の日」「ターミネーター2 特別編」「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」

最終更新:8月11日(木)20時30分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。