ここから本文です

萩野4位で決勝進出 「見ていてください。最高の勝負をします」

デイリースポーツ 8月11日(木)11時57分配信

 「リオ五輪・競泳男子200m個人メドレー・準決勝」(10日、五輪水泳競技場)

 400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(21)=東洋大=が1分57秒38の全体4位、藤森太将(25)=ミキハウス=は1分58秒20の全体7位で決勝に進出した。

 1組に登場した萩野は得意のバタフライで大きくリードを奪うと、そのまま同組を首位で押し切った。「タイムはちょっと遅かったですけど、いいところで残った。明日は(この種目)一本なので頑張りたい」と個人メドレー2種目制覇への意欲を見せた。2組でワンツーフィニッシュを決めたマイケル・フェルプス(米国)、ライアン・ロクテ(米国)との対決になるが、「まあ見ていてください。最高の勝負をします」と自信満々に言い切った。

 2組5位で決勝に残った藤森も「自分のイメージ通りの泳ぎができれば、メダルも見えてくる」と手応えを感じていた。

最終更新:8月11日(木)12時5分

デイリースポーツ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。