ここから本文です

尾木ママ、内村の大逆転金メダルに大興奮「涙あふれた」

デイリースポーツ 8月11日(木)12時7分配信

 教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が11日、ブログを更新し、リオ五輪の体操男子個人総合で、内村航平が大逆転で金メダルを獲得したことを「尾木ママ涙あふれました」と大絶賛した。

 「幸せ 内村航平君奇跡の大逆転個人総合優勝!連覇 万歳」とのタイトルで、「こんなに歓喜で迎える朝は長い人生でも初めて!!」と最大級の表現でその興奮ぶりを伝えている。

 内村は、残り1種目を残してトップに0・901点差を付けられていたが、最終種目の鉄棒で着地まで完ぺきな演技を見せ、0・099差での大逆転勝利を飾った。「あれはもう手に汗握るドラマ以上 最後の最後の鉄棒 途中三位まで順位 落としたりしてたのに…体操の絶対王者とはこのこと!」とつづり、劇的勝利に酔いしれていた。

 「うれしいというよりも、幸せ。すべて出し切りました」との内村のコメントを紹介しながら、「胸にしみます…尾木ママまで幸せです」と最後まで興奮ぶりは収まらなかった。

最終更新:8月11日(木)12時14分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。